秋色の散歩

8月28日(土)に散歩した生態系公園。

数歩すすむたびに、秋の植物たちが姿をみせてくれました。

 

林の中に長い首をすっくとのばして咲く曼珠沙華(マンジュシャゲ)。

 

池のほとりにはたわわに実ったブドウ。

 

散歩途中、熱心に藻(コウガイモ)の観察をする姉弟に出会いました。

 

なかよく寄り添う3つのきのこ。

もしかしてこのきのこたち、さっきの姉弟とそのおかあさんだったりして(*´・д・)!!!

 

…などなど

こっくりと深みのある秋色の生態系公園を歩いていると、いつのまにかおはなしの世界に迷い込んでしまうかも…⁽⁽ (  *ˊᵕˋ  ) ⁾⁾

 

 

(P-Mas)

 

 

 

 

 


雨降りの散歩

今日は一日中、朝から雨続きの大潟村です。

いくつも実をつけた重そうな枝を地面まで垂らした大きな栗の木に出会いました。

 

まだ青いまん丸のイガと雨に濡れた濃緑の葉が目に鮮やか。

歩道に転がっているイガも見受けられましたので、近くを歩く際は足もとにご注意下さいね( ´ー`)ノ

 

 

(P-Mas)


そよぐソバの花

青と白と緑。

今日の散歩でみつけたのは、収穫の時期を間近に控えたソバ畑です。

 

近くで見てみると、涼しげな白い花がたくさん咲いています。

小さな花たちがぎゅっと集まって咲く姿はなんとも可憐ですね。

 

菜の花祭りの頃にはフワフワと揺れる菜の花で一面黄色い草原のようになるこの場所。

大潟村耕心会の方々が連作障害対策として、3年前からソバを種からを育てているそうです。

収穫の様子もぜひお伝えしたいと思います(^^)☆

 

(P-Mas)